住宅ローンの賢い返し方とは

住宅ローン借り換えのメリット、デメリット

住宅ローンの借り換えを有利に進めるには?

住宅ローンの借り換えを検討する


089848

 

 

住宅ローンは、年々金利が変わります。

住宅ローンは借り入れ額が大きく、返済する期間も長いため、金利が1パーセントでも安くなると、その分完済までに支払うトータルの額には大きな違いが生じてしまいます

借り入れ額が多く残っており、完済までの年数が長ければ長いほど、金利が安くなってきた時に、住宅ローンの借り換えを検討することをお勧めします。

 

住宅ローンの借り換えをし、金利が少しでも安くすることができると、毎月支払い額を抑える事が可能となりますし、完済までの期間を短くすることも可能です。今まで固定金利として契約をしていた場合でも、借り換え時に再度見直しをし、変動金利を選ぶのか、固定金利を選ぶのかを再度考え直すことも可能となりますし、新たな金融機関と契約をすることで、様々な優待特典を受ける事ができる場合もあります。

 

金利の変動は専門家であっても、はっきりとしたことはわからず、10年後に住宅ローンの金利がどうなっているのかを予測することは非常に難しいとされています。そのため、借り換えをしたとしても、数年後、更に金利が安くなってしまう事もあれば、急激に高くなってしまう事もありますから、その時の情勢を考えながら借り換えをするか否か検討をすると良いでしょう。

借り換えをする時には、手数料がかかります。そのため、手数料をプラスしても総額の返済額が少なくならなければ借り換えをする意味がありませんから、どのくらい得をする事ができるのかを調べた上で検討するようにしましょう。300238

 

040559

 

 point 住宅ローン(借換)

「住宅ローンこのままでいいんですか?」

1つでも該当すれば、大幅負担減の可能性大!

<残高1,000万円以上>

<残存期間10年以上>

<借入れが2009年以前>

 

住宅ローンの借り換えを有利にするために

住宅ローンは借り換えをすることで、トータルの返済額を少なくすることができますから、今までの住宅ローンよりも毎月の返済額を少なくすることができ、その分有利になります。

ですが、

金利は情勢次第で変わりますから、その時には、有利に動いたとしても、その後、更に金利が安くなる可能性もありますから、必ずしも自分に有利に進められるわけではありません。
249696

 

住宅ローンの借り換えを有利に進めるためには、できるだけ繰り上げ返済を取り入れる事が大切です。繰り上げ返済を行うと、繰り上げ返済を行った分の金額には、金利が付きませんから、その分トータル返済額を抑える事が可能となるため、毎月の返済額を少なくしたり、借り入れの年数を少なくすることが可能となるのです。

 

誰しも有利に住宅ローンの借り換えを有利に進めたいと考えるかと思いますが、粘ったところで、金利を下げてくれるような銀行はほとんどありませんし、優待特典が増える事もまずないでしょう。そのため自分自身で少しでも金利が低い銀行の借り換えを行い、少しでも多くの繰り上げ返済を行う事が、住宅ローンを有利に進める方法となります。生活を送っていると、繰り上げ返済に回すお金なんてないと考える人は非常に多いのですが、

貯蓄に回すお金があるのであれば、その分繰り上げ返済に回しましょう。
少しでも早く完済することができれば、その分住宅ローンの返済までの期間を短くすることができますから、完済後、それだけ老後の資金を溜めやすくなることでしょう。

153773

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンを利用するリスクについて

住宅ローンの借り入れをする時には、返済困難になってしまった時の事も考えて借り入れをする事が大切です。住宅ローンの借り入れ額が多くなってしまえば、収入が少なくなってしまった時に返済が困難になってしまう事が予想されます。現在返済可能と思っていても、金利が上がってしまった時に返済が不可能になってしまう事も予想されますから、できるだけ余裕を持ち、住宅ローンの契約を進めるようにしましょう。今まで家賃を払っていた場合には、家賃よりも、急激に負担額が上がってしまうような住宅ローンの借り入れをしないようにすることが大切です。

住宅を購入すると、マンションの場合には、共益費や駐車場代を、住宅ローンとは別に支払う事になりますし、毎年固定資産税を支払う事になりますから、今までよりも負担額が多くなってしまう事が予想されます。

住宅ローンの契約をするために、頭金として、多くの金額を現金で支払う事ができれば、それだけ住宅ローンの返済によるリスクを軽減することができますから、頭金としていくら入れる事ができるのか、そうすることによって、借り入れ額がいくらになるのかを考えてみましょう。

返済が困難になる度に、住宅ローンの借り換えを検討する人もいますが、金利が底値で契約をしている状態から借り換えをすることで、返済困難な状態から抜け出すことはできませんから、住宅ローンの借り換えに頼ることなく、返済できる額での借り入れとするようにしましょう。088042

215227

 

 

 

住宅ローンを少しでも早く返済するために

住宅ローンの返済を少しでも早く返済するためには、頭金をできるだけ多く用意し、銀行からの借り入れ額を少なくすることが出来るようにしましょう。住宅を購入する時に、親から援助してもらうことで、住宅ローンの借り入れ額を少なくするという人は非常に多く、その分毎月の返済額を抑えたり、借り入れ年数を短くすることが可能となります。親からお金を借り、その分を頭金に回すという人もいます。親から借りたお金には金利が付くわけではありませんから、その分返済額を抑える事ができるのです。

089847

その他にも、住宅ローンの借り換えをする事でも、金利が下がれば、それだけ返済までの期間を短くすることが可能です。住宅ローンの借り換えのタイミングは難しく、確実に成功したと思う事ができる銀行であるか否かは年数がたってみないとわからないのですが、

現在の金利よりも、1パーセント以上金利に違いがある場合には、借り換えをお勧めします。

繰り上げ返済をするという方法も、借り入れを早く返済する事ができる方法となります。繰り上げ返済を行うと、金利ではなく、元本を返済する事になりますから、繰り上げ返済をした分の金額に金利がつかなくなり、その分トータル返済額を少なくすることが可能となるのです。住宅ローンを組んでいると、貯金をしたり、繰り上げ返済をする事は難しいかもしれませんが、数十万円ずつでも繰り上げ返済を行い、少しでも早く返済する事ができるようにすると、後々の返済が楽になりますから、取り入れてみると良いでしょう。

 

 

カテゴリー
住宅ローン借り換え